tutifumazu
  • tutifumazu

購入は各メディアのサイトへ
  • Amazon
  • 楽天ブックス

土踏まずから癒す本

Contents

本当はふくらはぎをもむ前にすべきことがあるのです

土踏まずから癒す本2014年8月25日発売
価格 1,280円+税
森田真理(監修)
128ページ

ふくらはぎをもむのは大事なこと。でも、その前にすることがあった!
体を支えているのは足裏のアーチ。つまり土踏まず。
でもこれ、運動不足などでなくなってしまって扁平足になってる人最近、増えてます。これが大問題。
扁平足は冷えや疲労、関節痛のもと!これをなおさないと、ふくらはぎもみの効果が減少してしまうのです。この本で40代なかば以降の女性に特に多い後天的な扁平足を簡単になおしましょう!
【contents】

1章 土踏まずってどういうところ?

・土踏まずは全身を支える土台にかかわる重要な部分だった!

・危険に備える体の動きにも足の裏が大きくかかわっている

・土踏まずから全身へ広がる痛みや不調の連鎖に注意!

・足裏の筋肉や腱の集約ポイントを衝撃から守る土踏まずのくぼみ

・足の内側を横から見て地面につかない部分がある?

・土踏まずは衝撃を吸収するクッションの役割を担っている

・土踏まずの問題は足裏からふくらはぎへと続いている

・注目! 足裏は体調を知る手がかりがいっぱい!

・押して痛みを感じるところは「足裏地図」の不調のサイン

・土踏まずに集中する消化器系の内臓はストレスに弱い

・足の裏は全身の地図になっている

2章 扁平足ってどういうもの?

・扁平足とは舟状骨が落ちて土踏まずがつぶれた状態

・足の形が似ている親子は扁平足も遺伝する?

・裸足で歩き方をチェック! ベタベタ歩きは扁平足の特徴

・筋肉をしっかり鍛えていても扁平足になる危険がある

・扁平足で美貌が損なわれる…という不思議な現象も起こる

・体重が増えると扁平足になり扁平足になると体重が増える?

・バランスよく体重を支えるゴールデントライアングル

・アーチが落ちると起こるバランス崩壊とベタベタ歩き

・足の裏のアーチが落ちると便秘や尿漏れに悩まされる?

・扁平足からやがて起こる全身の変調に気がついて!

・昔の日本人は偏平足にならなかった?

3章 ふくらはぎってどんなところ?

・ふくらはぎと土踏まずの関係は心臓の疲労にもかかわる一大事

・ふくらはぎをはじめとした足の筋肉はクッションでもある

・こんなところにも影響が!? 土踏まずとかかとの因果関係

・足の裏のケアで取り戻す女性ホルモンの力

・足首のケアでさらに改善 婦人科系の不調を押し流せ

・足裏から上半身へと続く 筋肉や骨、腱とのつながり

・太モモの内側の筋肉で 脚のラインが変わってしまう

・土踏まずの崩れからくる 内転筋のアンバランス

・小股の切れ上がったいい女とは?

4章 もっとある  土踏まずからくる体の不調

・「なんとなく不調」を感じたら回復力を取り戻すケアが必要

・新鮮な栄養分が手に入らず 老廃物も排出されない悲劇

・「もう今さら遅い」なんてない 筋肉は何歳からでも鍛えられる

・まだまだいいこといろいろある 足を鍛えるとやせ体質に

・「筋肉量を増やさなきゃ!」と 頑張りすぎると落とし穴が…

・筋肉が弱るのを放置していると 血が逆流するって本当!?

・足に優しい靴選びのカギは かかとの高さよりもフィット感

・扁平足によく起こる 外反母趾の一因は女性ホルモン

・今さらだけど再確認すべき女性ホルモンの種類と働き

・女性ホルモンと筋肉がアンチエイジングのカギ

・女性ホルモンの減少は必至 その働きは食事で補える

・足のアンチエイジングの敵は直射日光と冷房にさらす生足

・足のむくみを手軽にケアする着圧ソックスを使いこなす

・むくみからわかること

5章 土踏まずと足のケア

・帰宅後は必ず足まわりのリセットを

・土踏まずから始めるふくらはぎまでケア

・足首の柔軟性は大事。ゆっくり丁寧に

・すぐできる!! やっぱり昔からの知恵は効く

・テレビを見ながらでOK! タオルの引き寄せ

・意外に難しい!? 足先でグー・チョキ・パー

・指先と足首を使って! ヒザから下を意識

・股関節~骨盤のケアは全身の健康にも重要

・太モモの内側を意識して呼吸に合わせながら四肢踏み

・内反足と外反足について

・何げなくしている呼吸は 全身のコントローラー

・足の休息のために そして全身につながるお灸

・歩くことの大切さをおさらいしておこう